記事一覧

ファイトスタイルの確立

今回は自分自身のスタイルの確立について

あくまでも個人的な見解で書いてみます。

シーバスフィッシングにおいてバラシというのは

避けては通れないですが

やり始めた頃はバラシの嵐でした。

いろいろ研究して

今ではかなりバラさなくなりました。

でもバラシますけどね(笑)

スタイルは大きく分けて

パワーファイトとじっくりいなして捕るスタイル

自分は後者ですが知り合いはパワーファイトで

やっていて「バラすんですけど…」という

それは自分がパワーファイトと思っていても

中途半端なんだと思います。

たとえランカークラスであろうと

主導権を与えず一気に寄せてくるぐらいでないと

バラす原因になると…

自分は掛けてからはロッドを曲げる事を意識して

魚の進行方向にロッドを向け相手の力を

利用しながら寄せてきます。

ここからはリールの出番でレバーブレーキの

リールを使用して最後の突っ込みもラインの

出し入れでいなしていきます。

レバーなんか要らないと言う人も居ますが

自分はレバーはマニュアルドラグという感覚で

扱ってます。

柔よく剛を制すってやつです(笑)

今はロッドも進化していて

パワーのあるロッドでいなす釣りをやってます。

柔と剛の融合を目指してます。

ファイトスタイルとは

自分に合ってると思うものを

突き詰めていかないとバラシは減らないかと…

これはあくまでも個人的な見解ですので

賛否両論あると思いますがそこら辺は

ご了承くださいm(_ _)m

今度はドリフトのお話しを機会が

あればしたいと思います♪

読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浦島

Author:浦島
三重北中部の木曽三川中心にシーバスを狙っています
サイズに拘らず1本1本を楽しんで捕りに行ってます
よろしくお願いいたします

最新コメント

浦島カウンター