記事一覧

見失ってる川鱸

9月上旬某日

季節もだんだん秋めいてきて夜に川に

浸かってると肌寒くも感じます。

水温も下がり出してそろそろ落ち鮎を意識します

落ち鮎と言ってもフラフラ流れ落ちるのでなく

産卵を意識し始めてシャローに纏まり出す。

産卵に適したシャローを探しながら上流から

ゆっくりと下ってくる時期です。

鮎はまだまだ元気よく泳げるのでそこも頭に

入れながら川を廻って探してみましたが

川鱸は見つけられない。完全に見失った。

釣り人の多くはそれぞれ鉄板ポイントがあり

タイミングもある。そこも今は調子悪い。

最後にそこを攻めてみる。上から順に攻める。

やはり反応はない。

コースをズラしたり、レンジを変えてみたり、

ラインメンディングをいろいろ試してみたりと

手持ちのルアーではほぼやり尽くした。

最後に試してみたい事をやってみることに

それはスローシンキングミノーのウエイトを

戻さずに立てた状態で沈めながら流す事。

これはベイトがよくボトムから水面まで

浮上してまたボトムに戻る事を思い出したから。

ラインに引っ張られてウエイトが戻らないように

アップに入れてスラッグを取る。

そこからは引っ張り過ぎずルアーの流れ落ちる

感覚だけに集中する。

するとクロスに入ったとこでコツコツ!

何時間もバイトが無かったがこの一瞬は逃さい。

確実に相棒が捕らえた!

ゆっくり寄せてランディング。



やっと捕らえた川鱸!でも狙ってるサイズには

程遠い………

探している怪物は現れるのか………

またミッドナイトリバーに出てみるか!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浦島

Author:浦島
三重北中部の木曽三川中心にシーバスを狙っています
サイズに拘らず1本1本を楽しんで捕りに行ってます
よろしくお願いいたします

最新コメント

浦島カウンター