記事一覧

状況合わず

4月下旬某日

春の宵、人工建造物がおりなす灯りと

おぼろ月交わり始め水面でバチとハクが

おりなす舞が始まる頃、その舞に誘われるかの

ように鱸も乱舞し始める。

刀には95ミリのシンペンを付け

振り下ろして水面で繰り広げられる攻防に

馴染ませていくと鱸が襲いかかってきた。

1度掛けた獲物は己の刀は逃がさない!



その後も



さらに



しかし相手もさることなかれ

その後自分の刀の刃にかかる事なく終焉を

迎えた。

実に僅かな事が明暗を分けた結果になった。

これからの糧にして精進します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浦島

Author:浦島
三重北中部の木曽三川中心にシーバスを狙っています
サイズに拘らず1本1本を楽しんで捕りに行ってます
よろしくお願いいたします

最新コメント

浦島カウンター