記事一覧

トップシーバス

5月下旬某日陽が長くなってきた今日この頃シャロー帯に上げ潮と共にハクが差してくるタイミングで鱸達の晩餐が始まるそのタイミングでポッパーを投入していくハク達の泳ぐ向きとざわめきを見逃さず通していくと突然水面が盛り上がり軽く水柱が上がる素直に反応してくれたいい子♪その後は上手くタイミングを合わせれず誤爆が多発してしまった……まだまだこれから楽しんで行けそうですいろんな状況を意識して感覚を研ぎ澄ませていき...

続きを読む

小話

5月中旬最近は釣れないのでちょっと小話でもしてみますこれからのシーズンは木曽三川でリバーシーバスをやられる方も多いのではないでしょうか♪リバーでやる上で流れやヨレなどを攻めるのは常套手段ですね♪そこを攻める上でのちょっとした方法ですがまずはこちら川がカーブしてるとこや沈堤があるとこでブレイクラインというのが存在しますね♪ザックリ手書きで申し訳ないですが本流筋にシャローから流れが交わるところですで水中...

続きを読む

ハクボイル検証桑名四日市の乱

5月中旬某日前回のハクボイルの検証をすべく出向いた。心地よい南風が吹いて夜の帳が更けていく。すると下げ残りの流れと上げの流れがぶつかり押し合ってるところにベイトであるハクが溜まり始めると鱸がそれに戯れ出す。下げ残りの流れは上げの流れが地形の影響で弱くなるところに集中し始めハクも塊で鱸に襲われないシャローへ入り込もうとする。相棒に前回同様ポッパーを付け下げ残りに入れるそのまま流れがひしめき合うとこへ...

続きを読む

ハクボイル

5月上旬某日この時期特有のメインベイトがハクになりそれにボイルしている鱸達……それを狙い撃つべく河川へ出向いた。やはり上げが効き始めるとハクも上がってきてそれに付いてきた鱸達がボイルし始める。いつもの相棒にポッパーを付けてボイルを狙い撃ちするも無情にも反応が出ない。ポップのタイミングをいろいろ変化させても出ない……ボイルしてるが釣れそうで釣れないもどかしさこの状況を打破するべくベイトの動きを見ていると...

続きを読む

木曽三川稚鮎パターン

5月上旬某日漆黒の闇夜にとある川辺に立った…そこは本流がストラクチャーに当たり緩やかな反転流が起きる場所。この時期はまだ本流筋は狙わない。反転流の中に稚鮎が溜まると読んだからだ。いつもの相棒に110ミリのスリム系サスペンドミノーを付けた。実際はフローティングだがフックを変えてある為淡水域ではサスペンドになる。まずは本流筋に打ち込んで反転流に入った直後にショートジャークからのステイ…これを繰り返してコ...

続きを読む

プロフィール

浦島

Author:浦島
三重北中部の木曽三川中心にシーバスを狙っています
サイズに拘らず1本1本を楽しんで捕りに行ってます
よろしくお願いいたします

最新コメント

浦島カウンター